何故緑黄色野菜が体に良いのか知ってますか?

何故緑黄色野菜が体に良いのか知ってますか?

緑黄色野菜は体に良いと知っている人はいても、何故体に良いのか、知らない人は多いです。

 

 

実は緑黄色野菜にはさまざまな栄養素が含まれており、摂取することで健康効果だけでなく、女性に嬉しい美肌効果やアンチエイジング効果なども期待できるのです。まず緑黄色野菜とは、見た目の色が濃く、食べられる部分100gあたりにカロテンが600μg含まれているものを指します。

 

例えば、ほうれん草やにんじん、かぼちゃなどが挙げられます。またトマトやピーマンも緑黄色野菜として分類されていますが、実はこれらはカロテンはさほど多く含まれていません。しかし、可食部が多く、使用回数が多いということで、緑黄色野菜に分類されています。

 

 

そして気になる健康効果ですが、緑黄色野菜にはビタミンA、C、Eが豊富に含まれています。これらのビタミンは抗酸化作用のある成分として有名で、粘膜や皮膚の健康を保ったり、免疫力をアップさせる効能があります。

 

 

またシミやシワの改善などの美肌効果も期待できるため、女性にとっては積極的に摂取したい栄養素だといえます。また緑黄色野菜に含まれる栄養素として特に有名なのが、βカロテンというものです。βカロテンも強い抗酸化作用がある成分として知られており、ガンの予防、抑制効果や視力の改善効果などがあるといわれています。

 

 

しかしβカロテンは体に吸収されにくい成分です。そのため、緑黄色野菜から摂取する際は油を使って調理して食べることをおすすめします。何故ならβカロテンは油に溶けやすい性質を持っており、油を使って調理することで吸収率がアップするのです。他にも野菜にはカリウムやカルシウム、食物繊維などが含まれています。

 

 

カリウムには血圧を下げる作用があり、カルシウムは健康な歯や骨を作るために必須の栄養素です。また食物繊維は便秘改善や肥満予防などに効果があり、ダイエットには欠かせない栄養素です。緑黄色野菜を摂取することは毎日の健康に欠かせないため、積極的な摂取がおすすめです。