葉酸が不足した場合に起こる症状とは?

葉酸が不足した場合に起こる症状とは?

葉酸はホウレンソウから発見された成分で、ビタミンB1、B2などと同様の「ビタミンB群」の一種です。熱や光に弱い性質を持っている水溶性ビタミンです。葉酸が不足することで引き起こされる症状にはたくさんのものがあり、男性女性を問わず摂取すべきビタミンとして認識が広がりつつあります。葉酸の役割と不足した場合の症状を見ていきましょう。

 

葉酸は細胞に深いかかわりを持つ

 

葉酸は、核酸という遺伝子情報通りに細胞を作るように指示を出す物質に深いかかわりを持っていて、葉酸が不足すると正常な細胞形成が出来ないといわれています。細胞分裂が活発な部分で重要な成分です。特に胎児の遺伝子レベルの先天的な異常に深いかかわりを持つことが分かっており、厚生労働省でも妊婦さんや妊活中の方の葉酸の摂取を推奨しているほどです。

 

また成人の場合には口内炎や下痢などの症状を引き起こします。

 

葉酸と赤血球の関わり

 

葉酸はビタミン12、B6、たんぱく質などとともに正常な数や形の赤血球を作り出すために必要と言われています。

 

葉酸が不足することで巨赤芽球性貧血の症状が現れます。貧血と言えば鉄欠乏性貧血が良く知られていますが、貧血の原因は鉄不足だけではなく、へモグロビンの入れ物となる赤血球の異常からも引き起こされ、倦怠感やめまいなどの症状となって表れます。

 

また血液中のホモシステインが増えることで、動脈硬化を引き起こし、その結果として心筋梗塞や脳梗塞になるリスクもあるのです。

 

葉酸の効率よい摂取方法

葉酸は単独では作用が十分に働かない為、ビタミンB6やB12、ビタミンCなどと共に摂取するとよいと言われています。

 

野菜や豆類、動物性食品や果物などをバランスよく毎日の食事に取り入れることが大切です。また葉酸は調理中に失われやすい性質も持っていますから、調理方法の工夫をすることも必要です。いちごやアボカドなど含有量が少なくてもそのままで食べられる食材を使用することも一つの方法です。