生まれてくる赤ちゃんにも関係するお母さんの腸内環境

生まれてくる赤ちゃんにも関係するお母さんの腸内環境

妊娠すると、お腹の中にいる赤ちゃんの為に色々栄養を摂取しようと思って食べ物などに気を遣い始めるお母さん方も多いと思います。赤ちゃんにとっては、お母さんが食べるものがそのまま栄養となるので、妊婦さんの食生活は本当に大切なものです。

 

しかし、妊娠前からのお母さんご自身の体についても考える人は少ないのではないでしょうか。

 

この記事では、生まれてくる赤ちゃんにも関係する、お母さんの「腸内環境」についてのお話をします。

 

腸内環境というと、よく便秘の改善などで目にする言葉だと思います。腸の中には様々な細菌がいます。

 

その最近は、良いものもあれば悪いものもあります。そんなたくさんの菌が発生している腸内は、食べたものの栄養を吸収する場所でもあります。

 

ですから、もし腸内に悪い菌が多く発生してしまっていたり、腸内環境が悪い状態だと、食べたものの栄養がうまく吸収されにくかったりするのです。

 

妊娠して、赤ちゃんのためにせっかく栄養を取ろうと思っていろんな食材を食べても、きちんと栄養分を吸収できずに流れてしまう可能性もあるのです。

 

では具体的に、腸内環境の良し悪しとはどうやって決まるのでしょうか。それはよく耳にする「善玉菌」と「悪玉菌」のバランスにあります。

 

「善玉菌」が多い状態だと、腸内環境が良い状態といえるのですが、「悪玉菌」が多くなってしまうと、腸内環境は悪くなってしまいます。

 

ですので、腸内環境を良くするには「善玉菌」を増やしてあげることが大切なのです。では、善玉菌を増やす方法はどんなものがあるのでしょうか。

 

まず1つは「食物繊維」を摂取することです。

 

食物繊維はご存知のとおり便秘に効果があり、腸内の掃除をしてくれる役割があります。

 

そして2つ目は「乳酸菌」を摂取することです。

 

乳酸菌というとヨーグルトを連想すると思いますが、ヨーグルトのほかにも発酵食品などの摂取も積極的に行ってください。日本のもので言えば、味噌や納豆なども発酵食品です。

 

そして3つ目は「適度な運動をすること」です。食べるものだけで体が作られているわけではなく、運動によって細胞や血流、内臓も動くことによって物理的に腸内にも刺激が伝わります。無理な運動は危険ですが、軽くウォーキングするだけでも腸内が活発化します。

 

お腹の中の赤ちゃんのためにも、お母さん自身の健康のためにも、腸内環境を意識しながら、食事や運動も取り入れてみてくださいね。