赤ちゃんの鼻水の原因とは

赤ちゃんの鼻水の原因とは?気になったらチェック!

赤ちゃんの鼻水や鼻づまりは、呼吸が苦しそうでとても心配なものです。
そのような状態になったら、鼻水を吸ったり拭いたりして、なるべく楽になるようにケアする必要があります。
では、この鼻水の原因とは、どのようなものがあるのでしょうか。

 

まず、赤ちゃんは基本的に鼻水や鼻づまりになりやすいです。
これは、まだ鼻が小さく、粘膜が大人より敏感なためです。
人間は、鼻の粘膜から粘液を分泌させることで、空気を適度に湿らせてから体内に取り込んでいます。これにより、乾燥した状態にも適応できるわけです。
しかし、敏感な粘膜は変化に弱く、ちょっとした乾燥や気温の変化などで、すぐに腫れたり、鼻水を出したりします。そうなると、鼻づまりも多くなるのです。
この症状は、周囲の変化に適応するための反応であり、風邪のように悪い症状というわけではありません。
ただし、鼻づまりの状態は息苦しく、鼻の下がかぶれることもあるので、しっかりケアをする必要はあります。

 

そして、花粉症による鼻水もあります。
赤ちゃんでも、大人と同じように花粉症になる可能性はあるのです。
主に1歳頃から発症するとされているので、花粉症の特徴である、無色透明でさらさらした鼻水が出てきたら注意しましょう。
花粉症の鼻水とは、花粉を外へ排出しようとするために起こるものであり、その量も多くなります。
赤ちゃんは、ただでさえ鼻粘膜が敏感な状態ですから、この状態はかなりつらいものです。
なるべく苦しくならないように、こまめにケアしてあげましょう。

 

また、黄色や緑など、鼻水に色がついていた場合は、風邪である可能性が高いです。
このとき、鼻水に色がつくのは、膿が混ざることが原因です。
風邪の菌が体内に入ると、それに対抗するため、「顆粒球」という白血球の一種が働きます。この顆粒球が風邪の菌と戦い、体を守ろうとするわけです。
そして、戦いのあとは、鼻の中に双方の残骸が残ります。これが、膿となって鼻水と混ざるのです。
したがって、色のついた鼻水が出たときは、風邪の菌が侵入した証拠です。早めに病院へ連れていきましょう。

 

このように、鼻水が出る原因はいくつか考えれますが、いずれにしても、赤ちゃんにはつらい状態です。
鼻水を取り除くと同時に、頭を高くしたり、仰向けを避けたりすることで、鼻づまりの対策もしっかり行いましょう。